icon M+ 2 の web 公開準備中 4   30 Sep 2004

昨日まで修正していた文字に差し替えた、フォント見本用の新らしい pdf ファイルが揃いました。M+ 1 と M+ 2 合わせて総合見本が 4 ファイル、仮名文字見本が 14 ファイル、欧文文字ファイルが 14 ファイルとなります。web 更新の準備が整い次第、公開する予定です。
[ M+ 2 black ] 総合見本
上の画像は M+ 2 の black、下は M+ 1 の black です。
[ M+ 1 black ] 総合見本

icon M+ 2 一部の片仮名を修正   29 Sep 2004

「コ」「ヨ」「ロ」「ゴ」「ョ」を従来型の字形に修正し、7 ウェイト分に展開しました(下の画像は M+ 2 thin)。この修正は当初から予定していたものだったのですが、すっかり忘れていました。
[ M+ thin ] 片仮名

icon 漢字試作分の修正   29 Sep 2004

thin の「世」とblack の「散」「世」「誰」「常」「有」「奥」を修正し、7 ウェイト分に展開しました(下の画像は thin と black)。
[ M+ thin, black ] 試作漢字

icon M+ 2 の web 公開準備中 3   28 Sep 2004

M+ 1 thin の「お」「か」「が」「ぼ」「ぉ」「オ」「ォ」、black の「あ」「お」「か」「が」「ぁ」「ぉ」「オ」「ォ」、M+ 2 thin の「ざ」「オ」「ォ」、black の「オ」「ォ」、中間ウェイトの「ぢ」を修正し、7 ウェイト分に展開(M+ 1 かなM+ 1 カナM+ 2 かなM+ 2 カナ)しました。
明日は M+ 1 の「あ」「お」「か」「が」「ぼ」「ぁ」「ぉ」「オ」「ォ」、M+ 2 の「ざ」「ぢ」「オ」「ォ」を 7 ウェイト分、各々の pdf ファイル上で差し替える作業となります。

icon M+ 2 の web 公開準備中 2   27 Sep 2004

最新の M+ 1 と M+ 2 のフォント見本となる pdf 画像を制作中です。今日は総合見本として M+1、M+ 2 各 2 ファイル、仮名文字見本として M+1、M+ 2 各 7 ファイルの合計 18 ファイルを制作しました(下の画像は M+ 2 bold)。
[ M+ 2 bold ] 平仮名 [ M+ 2 bold ] 片仮名

icon M+ 2 のデザインを web 公開する準備中   25 Sep 2004

M+ 2 も漢字以外の基本的な文字が揃ってきたので、web 公開するための準備を開始しました。各種スクリーンショットや pdf 書類などを順次用意しています。
[ M+ 2 regular ] 総合見本
上の画像は M+ 2 の regular、下は M+ 1 の regular です。
[ M+ 1 regular ]

icon 濁点付片仮名の一部を修正   24 Sep 2004

M+ 1 black の「ギ」、中間ウェイトの「ヂ」、「デ」、および M+ 2 black の「デ」、中間ウェイトの「ヂ」を修正し、7 ウェイト分に展開(M+ 1M+ 2)しました(下の画像は左から M+ 1、M+ 2 の black)。
[ M+ 1 black ] 濁点・半濁点付片仮名 [ M+ 2 black ] 濁点・半濁点付片仮名

icon 「@」記号を修正   24 Sep 2004

M+ black 用「@」記号の「a」部分を縮小して外側の丸囲み線を太らせ、light 以降のウェイトに展開しました。thin から bold まで段階的に太くなり、bold から black までは同じ太さになっています。
[ M+ 1 black ] @ABCDEFG

icon M+ 2 用に欧文文字の一部を修正   24 Sep 2004

とりあえず「3」と「M」を修正し、7 ウエイトに展開しました。今後も M+ 2 仮名文字との兼ね合いで気になる文字があれば追加修正していきたいと思います(下の画像は M+ 2 medium)。
[ M+ 2 medium ] 01234567HIJKLMNO
ちなみに下は M+ 1 の medium です。
[ M+ 1 medium ] 01234567HIJKLMNO

icon M+ 1、M+ 2 の「ド」を修正しました   19 Sep 2004

black「ド」の濁点を少し右上に移動し、7 ウェイト分(M+ 1M+ 2)に展開しました(下の画像は左から M+ 1、M+ 2)。
[ M+ 1 black ] 片仮名濁音・半濁音文字 [ M+ 2 black ] 片仮名濁音・半濁音文字

icon M+ 1 濁音・半濁音文字の再修正 3   17 Sep 2004

black と thin の片仮名を修正し、7 ウェイト分に展開しました。平仮名と同様、濁点・半濁点を M+ 2 と同じ大きさに縮小する事で自然な字形寄りに戻しています。
[ M+ 1 thin ] 濁音・半濁音文字片仮名 [ M+ 1 black ] 濁音・半濁音文字片仮名
[ M+ 1 thin ] 片仮名 [ M+ 1 black ] 片仮名

icon M+ 1 濁音・半濁音文字の再修正 2   16 Sep 2004

昨日の black で気になった部分を修正、続いて thin を制作し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 1 thin ] 濁音・半濁音文字 [ M+ 1 black ] 濁音・半濁音文字
[ M+ 1 thin ] 平仮名 [ M+ 1 black ] 平仮名

icon M+ 2 平仮名の修正完了   15 Sep 2004

濁音・半濁音文字を微調整し、7 ウェイト分に展開しました。ほとんどの作業は仮想ボディ内位置の修正になりましたが、その他の変更として「ご」の濁点位置を大きく下げています。また、M+ 2 平仮名・片仮名のデザインに準じて M+ BITMAP FONTS CVS 版の一部の文字を修正しています。
[ M+ 2 thin ] 平仮名 [ M+ 2 black ] 平仮名

icon M+ 1 濁音・半濁音文字の再修正   15 Sep 2004

最初に black から修正してみました。濁点・半濁点を M+ 2 と同じ大きさに縮小する事で自然な字形寄りに戻しています(左が修正後、右が修正前)。
[ M+ 1 black ] 濁音・半濁音文字 [ M+ 1 black ] 濁音・半濁音文字

icon M+ 2 片仮名完了   14 Sep 2004

促音、拗音文字なども揃い、濁音・半濁音文字とともに 7 ウェイト分に展開しました。
今回の濁音文字作成時に少々思う所があったため、M+ 2 平仮名および M+ 1 の濁音・半濁音文字の見直しを明日から行ないます。その後に M+ 2 用の欧文文字(前回作成済の M+ 1 用欧文文字の一部修正になると思います)、M+ 1 と M+ 2 用の半角欧文文字 2 種の制作に入る予定です。
[ M+ 2 thin ] 片仮名 [ M+ 2 black ] 片仮名

icon M+ 2 片仮名の濁音・半濁音文字はじめました   13 Sep 2004

最初に black、続いて thin を制作しました。
[ M+ 2 thin ] 濁音・半濁音文字 [ M+ 2 black ] 濁音・半濁音文字

icon M+ 2 片仮名「ラ」行、「ワ」行制作   10 Sep 2004

「ヒ」と「フ」を修正後、「ラ」行と「ワ」行を制作し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 thin ] 片仮名 [ M+ 2 black ] 片仮名

icon M+ 2 片仮名「マ」行、「ヤ」行制作   09 Sep 2004

「タ」を修正後、「マ」行と「ヤ」行を制作し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 thin ] 片仮名 [ M+ 2 black ] 片仮名

icon M+ 2 片仮名「ハ」行制作   08 Sep 2004

続いて「ハ」行を制作し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 ] タチツテト [ M+ 2 ] ナニヌネノ [ M+ 2 ] ハヒフヘホ

icon M+ 2 片仮名「タ」行、「ナ」行制作   08 Sep 2004

thin の「セ」を修正後、thin と black の「タ」行と「ナ」行を制作し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 thin ] 片仮名 [ M+ 2 black ] 片仮名

icon M+ 2 片仮名「カ」行、「サ」行制作   07 Sep 2004

「カ」から「ソ」まで制作し、7 ウェイト分に展開しました。
M+ 1 との大きな違いは「キ」の横線を斜めにした事と、「セ」の斜線の角度を鋭角的にした事。共に従来的な字形へ歩み寄る結果になっています。
[ M+ 2 ] カキクケコ [ M+ 2 ] サシスセソ

icon M+ 2 平仮名とりあえず完成   06 Sep 2004

濁音「う゛」と、促音「ぱ」「ぴ」「ぷ」「ぺ」「ぽ」、促音「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」「ゎ」を制作し、7 ウェイト分に展開しました。また M+ 1 の「ゎ」も先日のデザイン変更に準じて修正しました。
[ M+ 2 ] ばびぶべぼ [ M+ 2 ] ぱぴぷぺぽ

icon M+ 2 片仮名はじめました   06 Sep 2004

平仮名の時と違って水平線・垂直線は直線のままにするつもりなので、M+ 1 との見た目の差異は更に微少になりそうです。基本的には平仮名と同様に若干小振りにする事と、文字の張りや曲線の膨らみを抑え目にする修正を施します。全体的な印象としては(M+ 1 と比べて)「シャープ」で「スッキリ」とした感じを狙っています。
とりあえず「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」を制作し、7 ウェイト分に展開しました(下のサンプル画像は左から M+ 1、M+ 2)。
[ M+ 1 ] アイウエオ [ M+ 2 ] アイウエオ

icon M+ 2 濁音文字 その 6   05 Sep 2004

black の「ご」「げ」「ぞ」「ぶ」を修正し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 black ] が行〜ぽ行

icon M+ 2 濁音文字 その 4   04 Sep 2004

昨日、一昨日の反省を踏まえて、特に black の濁点と半濁点の処理を修正しました。全体的にはやや縮小し、「が」「ご」「ず」「だ」「づ」「で」「ど」「び」「ぶ」の濁点を標準の大きさに、「ぎ」「げ」「ざ」「ぞ」「ぢ」「ば」「ぼ」の濁点をやや小さく、「ぐ」「じ」「べ」の濁点をやや大きくしています。半濁点に関しては「ぺ」のみやや大きくしています。
[ M+ 2 black ] が行〜ぱ行

icon M+ 2 濁音文字 その 5   04 Sep 2004

続いて「が」行から「ば」行まで修正・制作し、7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 ] がぎぐげご [ M+ 2 ] ざじずぜぞ
[ M+ 2 ] だぢづでど [ M+ 2 ] ばびぶべぼ

icon M+ 2 濁音文字 その 3   03 Sep 2004

続いて「ざ」行が揃ったので、昨日の「が」行と並べてみます。
[ M+ 2 ] がぎぐげご [ M+ 2 ] ざじずぜぞ

icon M+ 2 濁音文字 その 2   03 Sep 2004

thin と black の濁音文字と半濁音文字を先行して揃えました。
[ M+ 2 thin ] が行〜ぱ行
特に black の一部に見られる窮屈な濁点処理は、今後も試行錯誤しながら整理していきたいと思います。
[ M+ 2 black ] が行〜ぱ行

icon M+ 2 濁音文字はじめました   02 Sep 2004

とりあえず「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」を制作し、7 ウェイト分に展開しました。あえて極端にデザインしてみた M+ 1 とは違い、従来的で嫌味の無い濁点処理となっています(下のサンプル画像は左から M+ 1、M+ 2)。本文組みした時の M+ 1 の濁点処理が余りにも不自然に感じたら、M+ 2 寄りの従来的な処理を再考するつもりです。
[ M+ 1 ] がぎぐげご [ M+ 2 ] がぎぐげご

icon M+ 1、M+ 2 の「わ」を再び修正   02 Sep 2004

再び大きな曲線の末端を持ち上げないことにしました。M+ 1M+ 2 共に 7 ウェイト分の展開をしています(下のサンプル画像は左から M+ 1、M+ 2)。特に M+ 1 において、曲線部分に張りを持たせていますが、もう少し正円に近づけた方が良いか迷っています。
[ M+ 1 ] わゐゑをん [ M+ 2 ] わゐゑをん

icon M+ FONTS の概要   01 Sep 2004

混乱しそうなので整理してみます。

icon M+ 1 ひらがな(従来かな)の修正完了   01 Sep 2004

昨日の修正に準じて「が」「で」「ゎ」を修正し、7 ウェイト分に展開しました。懸案事項だった M+ 1 の「か」と M+ 2 の「そ」も修正しています。
下のサンプル画像は、左から M+ 1 thin、M+ 1 black、M+ 2 thin、M+ 2 black の基本的なひらがなです。このサイズで画面表示させると、特に black での M+ 1 と M+ 2 の違いが微妙になってきますが、文字組全体での雰囲気の違いを想像すれば充分に各々の存在意義があると期待しています。
[ M+ 1 thin] [ M+ 1 black] [ M+ 2 thin] [ M+ 2 black]