icon 欧文文字の kerning 設定 #17   31 Mar 2005

「3」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 1159 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #16   30 Mar 2005

「2」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 1080 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon Mac OS X 用 TESTFLIGHT 009 light   28 Mar 2005

Mac OS X で mplus[12]p-regular-kana-vera.ttf を使用する際に補完されるヒラギノフォントの漢字が若干細めなので、mplus1p-light-kana-vera.ttf と mplus2p-light-kana-vera.ttf を出力してみました。今度は欧文文字の vera フォントだけが若干太めになってしまいますが、M+ オリジナルの欧文文字が組み込まれるまでは、これで様子を見てみようと思います。

icon 欧文文字の kerning 設定 #15   28 Mar 2005

「1」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 1006 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #14   26 Mar 2005

「0」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 985 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #13   25 Mar 2005

「/」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 922 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #12   24 Mar 2005

「.」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 817 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #11   23 Mar 2005

「,」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 761 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon M+ FONTS 最新版を公開   20 Mar 2005

M+ TESTFLIGHT 009( ニュースダウンロード)と M+ BITMAP FONTS 2.2.4( ニュースダウンロード)を公開しました。

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #24   18 Mar 2005

M+ 1 と M+ 2 の再修正した「り」を反映させて、 M+ OUTLINE FONTS web サンプル画像ページ内の全ての画像と pdf ファイルを更新しました。pdf ファイルへの直接リンクはこちらをご利用ください。

icon ttf ファイルの出力   18 Mar 2005

Adobe Illustrator で作られた文字デザインの eps ファイルから M+ OUTLINE FONTS TESTFLIGHT ttf ファイルへの出力は、 村岡さん による素晴らしいスクリプトで実現されています。しかしスクリプト完成後のフォント仕様拡張によってかな文字が 2 種類となったり、漢字部分を省略した版を追加したりして、スクリプト一発で全ての ttf ファイルを出力する事ができなくなってしまいました。村岡さん謹製のスクリプトに素人の自分が手を入れてもロクな事にはならないので、前回の M+ TESTFLIGHT 008 出力の際には手作業で拡張分の ttf ファイルを出力しました。今回、M+ TESTFLIGHT 009 の出力を機会に(自分が忘れてしまいそうなので)その手順を確認しつつ記録しておきたいと思います。
# 次の M+ TESTFLIGHT 010 ではプロポーショナル欧文文字の追加によるスクリプト群の見直しが予定されていますので、ここで記録する手順は無駄になりそうですが・・・。

■ M+ 1m フォント(7 ウェイト)の出力
漢字と欧文文字部分に M+ BITMAP FONTS をドット形状のままアウトライン化して暫定的に採用している M+ 1m を以下の手順で出力します。

  1. "mplus_outline_fonts/eps.d" ディレクトリには "hiragana1"、"hiragana2" と、"katakana1"、"katakana2" ディレクトリが含まれていますが、2 種類のかな文字を想定していなかった出力スクリプトは "hiragana"、"katakana" ディレクトリを前提としていますので、"$ ln -s hiragana1 hiragana"、"$ ln -s katakana1 katakana" とリンクさせます。
  2. 村岡さんに用意していただいた "mplus_outline_fonts/mplus_skeleton.sfd" ファイル(ドット形状のままアウトライン化した M+ BITMAP FONTS)を M+ OUTLINE FONTS のかな文字に合わせて縮小し、仮想ボディの中心に収める為に fontforge で加工します。
    "Edit -> Select -> Select All(Ctl+A)" で全てのグリフを選択し、"Element -> Transform...(Ctl+\)" から表示されるウィンドウで "Character Origin, Scal Uniformly... 90.076%, Move... X:87 Y:0.4" を指示します。座標の数値の端数が気持悪いので細かな設定になっています。
    "mplus_outline_fonts/mplus_skeleton.sfd.90" のファイル名で新規保存(Ctl+Shft+S)して、オリジナルの "mplus_skeleton.sfd" は "mplus_skeleton.sfd.ORG" に変更しておきます。
    "$ ln -s mplus_skeleton.sfd.90 mplus_skeleton.sfd" とリンクさせて準備完了。
  3. 忘れずに "mplus_outline_fonts/eps.d" ディレクトリで "$ ./checkall.sh" してから "mplus_outline_fonts" ディレクトリに戻って "$ make all" を実行します。
  4. "mplus_outline_fonts/TESTFLIGHT-009/mplus1m" ディレクトリを用意し、生成されたファイル群 "mplus-*.pe"、"mplus-*.sfd"、"mplus-*.log"、"mplus-*.ttf"、"work.d" をその中に移動させます。
  5. "TESTFLIGHT-009/mplus1m" ディレクトリ内の "mplus-thin.ttf" ファイルを fontforge で開き、"Element -> Font Info...(Ctl+Shft+F)" から表示されるウィンドウで "Names" タブ内の設定項目を "Fontname: mplus1m-thin, Family Name: M+ 1m thin, Name For Humans: M+ 1m thin" に変更("Weight" 項目は設定しても何故か反映されません)。
    "File -> Generate Fonts...(Ctl+Shft+G)" で "TESTFLIGHT-009" ディレクトリ内に "mplus1m-thin.ttf" として出力。続いて light、regular、medium、bold、heavy、black のウェイトも同様に作業します。

■ M+ 1p regular / vera フォント(漢字無し版)の出力
欧文文字に Bitstream Vera を組み合わせ、既存の和文フォントから漢字を補完される事を前提とした M+ 1p regular / vera を以下の手順で出力します。

  1. 全てのグリフを削除した "mplus_outline_fonts/mplus_skeleton.sfd" ファイルを "mplus_skeleton.sfd.EMPTY" として新規保存し、"mplus_skeleton.sfd -> mplus_skeleton.sfd.EMPTY" とリンクさせます。
  2. "mplus_outline_fonts" ディレクトリで "$ make regular" を実行。
  3. "mplus_outline_fonts/TESTFLIGHT-009/mplus1p" ディレクトリを用意し、生成されたファイル群 "mplus-regular*"、"work.d" をその中に移動させます。
  4. "TESTFLIGHT-009/mplus1p" ディレクトリ内の "mplus-regular.ttf" ファイルを fontforge で開き、"Element -> Font Info...(Ctl+Shft+F)" から表示されるウィンドウで "Names" タブ内の設定項目を "Fontname: mplus1p-regular-kana-vera, Family Name: M+ 1p regular kana vera, Name For Humans: M+ 1p regular kana vera" に変更("Weight" 項目は設定しても何故か反映されません)。
  5. ipag フォントからの漢字補完を想定して、かな文字全体を少し持ち上げておきます。
    "Edit -> Select -> Select All(Ctl+A)" で全てのグリフを選択し、"Element -> Transform...(Ctl+\)" から表示されるウィンドウで "Move... X:0 Y:58" を指示。
  6. kazuyuki さん制作の "Mplus Medium + Bitstream Vera" フォントから Bitstream Vera 部分の "U+0020 space" から "U+007E asciitilde" までをコピー(Ctl+C)し、上記 "mplus-regular.ttf" の該当部分にペースト(Ctl+V)します。
  7. "File -> Generate Fonts...(Ctl+Shft+G)" で "TESTFLIGHT-009" ディレクトリ内に "mplus1p-regular-kana-vera.ttf" として出力します。

■ M+ 2m フォント 、 M+ 2p regular / vera フォントの出力
上記 M+ 1 フォントでの作業に準じて "hiragana"、"katakana" などのリンク先を変更しつつ出力、修正します。

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #23   17 Mar 2005

[ M+ 1 ] ゆり
M+ 1(上)の「り」の右肩を下げ、筆法を M+ 2 同様に従来型の自然な形に変更。それに伴って「ゆ」を元に戻しています。M+ 2(下)も「り」の右肩を下げました。
[ M+ 1 ] ゆり
修正された「り」を M+ OUTLINE FONTS web で公開しているサンプル画像に反映させてみました。
[ M+ 1p regular ] サンプル画像
上が M+ 1p、下が M+ 2p の regular。やっと馴染んできた気がします。しばらく眺めて様子を見てから、web 上の各種画像ファイルを再更新する予定です。
[ M+ 2p regular ] サンプル画像

icon 寄付について #2   17 Mar 2005

一度はお断わりしたのですが、私の質素な作業環境を見兼ねてのご厚意を素直にお受けする事にしました。25 万円ものご寄付をいただきました池添浩之さんに心から感謝いたします。

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #22   16 Mar 2005

ここまでの修正を反映させて、 M+ OUTLINE FONTS 公式 web サンプル画像ページ内の画像を全て差し替えました(注:配布フォントはまだ旧版のままです)。
「な」「は」「ほ」「ま」「ゆ」「よ」「り」「ば」「ぼ」「ぱ」「ぽ」「ょ」を修正しています。
また、同ページからのリンク先 pdf 画像 も同様に更新しました、ぜひご確認ください。

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #21   16 Mar 2005

[ M+ 1 ] ゆり
M+ 1、M+ 2 共に更なる微調整をしています。上が M+ 1、下の M+ 2 は「ゆ」も微調整しました。
両フォント共に中間ウェイトに展開し、M+ 1 は cvs に commit しました。
[ M+ 1 ] ゆり

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #20   15 Mar 2005

昨日の M+ 1 の変更が行き過ぎていたので少々元に戻しました。ロゴタイプを作っていた時の癖が抜け切らず、注意が足り無いと整理し過ぎてしまいます。
[ M+ 1 ] ゆり
続いて M+ 2 は「り」のみを修正してみました(M+ 1 と比較する為、「ゆ」も並べてあります)。
[ M+ 1 ] ゆり

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #19   14 Mar 2005

今一つ締まりの悪さが気になっていた M+ 1 の「り」を修正し、「ゆ」「ゅ」も同じ筆法に変更しました。明日は M+ 2 を同様に修正する予定です。
[ M+ 1 ] ゆり
「り」の二つの縦線が繋がる筆法は明朝体では一般的なのですが、ゴシック体ではどうしても写研のゴナファミリを想起させる為、今まで採用をためらっていました。出来れば別の筆法で納得するデザインを探し出したかったのですが、独り善がりな意地よりもデザイン的な完成度を選択した上での変更です。
とは言っても、同じくゴナのデザイン的な特徴となっている「き」「さ」「な」等の筆法は敢えて避ける事で、直線的でありながら自然で柔らかい字形を目指しています。何よりも、折角作った新しいフォントがゴナの焼き直しではつまらないですよね。

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #18   11 Mar 2005

昨日修正した M+ 2 かな文字を 7 ウェイト分に展開しました。
[ M+ 2 ] なはほまよばぼぱぽょ

icon 欧文文字の kerning 設定 #10   11 Mar 2005

「+-」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 682 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #17   10 Mar 2005

M+ 2 の先日の修正が行き過ぎていたので再び見直しました。中間ウェイトへの展開と、M+ 1 も含めたサンプル用 pdf ファイル等の更新はまた後日。
[ M+ 2 thin, black ] なはほまよばぼぱぽょ

icon 欧文文字の kerning 設定 #9   10 Mar 2005

「*」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 604 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #8   09 Mar 2005

「)」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 516 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #7   08 Mar 2005

「(」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 464 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon 欧文文字の kerning 設定 #6   07 Mar 2005

「&」前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 354 行。
[ M+ 1p black ] kernings

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #16   05 Mar 2005

M+ 1 と同様に M+ 2 thin と black の「な」「は」「ほ」「ま」「よ」「ば」「ぼ」「ぱ」「ぽ」「ょ」を修正し、各々の中間ウェイトに展開しました。
これで安心してプロポーショナル欧文文字の kerning 設定に戻る事ができます。
[ M+ 2 thin, black ] なはほまよばぼぱぽょ

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #15   04 Mar 2005

昨日に引き続いて M+ 1 black の「は」「ほ」「ま」「よ」「ば」「ぼ」「ぱ」「ぽ」「ょ」のループ部分を修正しました。上段が修正前、下段が修正後のデザインです。
先月修正した「な」も含めて中間ウェイトを作成し、cvs 版に commit しました。
[ M+ 1 black ] はほまよばぼぱぽょ

icon 欧文文字の kerning 設定 #5   03 Mar 2005

「%」の前後の組み合わせを全て確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 273 行。この精度のまま kerning 設定を進行して良いものか少々不安ですが、完成すれば、今まで自分がチマチマと修正していた字詰め作業の大半から解放される、はずです・・・。
[ M+ 1p black ] kernings

icon M+ TESTFLIGHT 009 用サンプル #14   03 Mar 2005

気分転換に、2 月 10 日以来となるひらがなの修正をしました。前回の「な」に続いて「は」「ほ」「ま」「よ」「ば」「ぼ」「ぱ」「ぽ」「ょ」のループ部分をいじっています。今回はとりあえず M+ 1 thin のみ、上段が修正前、下段が修正後のデザインです。これらの修正によって、字並びに落ち着きがでるのではないかと期待しています。
[ M+ 1 thin ] はほまよばぼぱぽょ

icon 寄付について   02 Mar 2005

ある面識の無い方から、M+ FONTS に対する金銭的な寄付のお申し出をいただいた。勿論そのお気持はとても嬉しく、これまでコツコツと作業してきた日々が報われた思いがしました。
しかし M+ FONTS の制作は、あくまでも自分自身の個人的な欲求を動機とした、無責任で何の保障も出来無い類の物です。寄付をお受けするという行為には、どうしても強い違和感を持ってしまいました。

現在私は 10 年間遠ざかっていたグラフィックデザインの仕事に復職すべく、いくつかのデザイン作業を自分に課して、復帰へのトレーニングとしています(今から考えると、M+ FONTS もその課題の一つと言えます)。現在の仕事から離れつつデザインの仕事に復職する方法を模索している今の段階では、様々なデザイン作業を通じて経験と実績を積み重ねる事が有効だと考えているからです。
そこで先ほどの寄付は辞退させていただくとともに、ロゴタイプまたはシンボルマークなどの制作予定があれば、ぜひ自分に発注して欲しいと返事しました。

唐突で厚かましい返事だったとは思っています。しかし現在の仕事で身動きのとれない自分は、折角の機会を無駄にしたく無かったのです。

icon 欧文文字の kerning 設定 #4   01 Mar 2005

「$」と「~」の組み合わせまで確認、kerning 調整をしました。kerning 設定ファイルは現在 202 行、村岡さんに簡略化の方法を教わったので、前回ほど増えていません。
[ M+ 1p black ] kernings