icon M+ フォント生成の仕組み 07 Feb 2008

漢字練習帳 経過報告 [1000] の WRITEBACK で「M+ アウトラインフォント用の仮組みスクリプト」の情報をいただきました。内海さん、ありがとうございます。

現状の組み込みスクリプトは、7 ウエイト同時制作を前提として用意していただいたものです。基本的には漢字作業用の .svg ファイル一つに「5 種の漢字 x 7 ウエイト」、合計 35 文字をレイアウトしています。

これら .svg ファイルの内容は codemap ファイル()に記述されることで make 時に 1 グリフごと切り離され、7 ウエイトごとに振り分けられながら .ttf ファイルに組み込まれます。現在 .ttf ファイルに組み込むことのできない「教育・常用漢字」以外の漢字(*1)も同様でありたいと考えていますので、その為には「(教育・常用漢字以外の)第一・第二水準漢字」 用 codemap ファイルと、生成スクリプトの微調整が必要なのです。

*1 今のところ 146 文字の各 3 ウエイト(Thin、Medium、Black)のみデザインされています。

icon 漢字練習帳 「退袋貸」 1064(146) 07 Feb 2008